大人の思考空間

お問い合わせ

組織活性化のための情報編集力開発とビジネス編集力を鍛える実践手法

情報編集力が生み出す3つの成果「組織活性化」「販売促進」「自己の再発見」

組織活性化とビジネス編集力

情報編集力で構築する組織活性化

組織活性化とはどういうことなのか?
議論の元となる基本要素をもとに、考え方や根拠となる情報が様々な角度から融合することで新たなイメージが浮かび上がり、さらに具体的な行動として発信する一連の流れが「組織活性化」の根幹だと考えることができます。
さらに、その行動した結果から検証を加えて次の行動に活かすための情報の組み立ても含めて、

個や全体の行動につながる要素が「情報」です。思考の基本となる要素も「情報」です。そこで個の持つ「情報」が複数の個が発する「情報」とともに1つに集約されることによって、個の行動も全体の行動も決定づけられているということは周知のとおりです。
では、具体的に組織を活性化するためにはどういう方法があり、しくみを作っていけば良いのでしょうか。簡単に解説しておきます。

組織活性化のための3つのポイント(情報編集からアプローチ)

情報をコントロールすれば、すべての行動に反映されます。その情報とは、「収集→整理→発信」によって成り立っていることもまた周知のとおりです。
そこで、情報をコントロールするということは、つまり情報がバラバラな状態から誰でもわかるように見えるようにする、いわゆる「編集力」を伴う作業が必要になるということでもあります。
この、情報をきちんと「見える化」する作業から「情報の共有」が生まれ、さらに複合的に進化することで「創造と開発」につながり、行動とともに「組織活性化」が実現する流れが成立してきます。
ここで言う「編集力」とは、今、Webコンテンツマーケティングで特に注目を集める「情報編集力」とは少し定義の範囲が違うという点だけ押さえておきましょう。

編集力とは
 
情報を整理したりまとめて、「見える化して表現するオペレーション作業」
情報編集力とは
 
時系列で見て未来につながるイメージを描く「創造力を発揮するシナリオ設計」
現状、「編集力」と「情報編集力」という2つの定義は混同されて曖昧になっており、主に「情報編集力」というフレーズが使われ、さらに特定のWebコンテンツ設計(検索ワードに重点を置いた記事を集めたページ構成)の分野で盛んに用いられている概念です。
もう1つ加えれば、次に「ビジネス編集力」という考え方が存在します。ビジネス編集力の考え方は新聞de元気山口編集La★boオリジナルの定義で、編集力・情報編集力のスキルを基本に他者の潜在能力を引き出し、情報を整理・集約する現場で進行方向をディレクションしながら組織力を高めることのできる能力として定義することができます。

     
  1. 情報の共有
  2.  
  3. 創造と開発型
  4.  
  5. 組織活性化
  6. この3つのポイントは「情報編集力開発」「潜在能力開発」「行動モデル開発」と置き換えることができます。

組織活性化のための編集サービス~PC編集のウィークポイント

パソコン編集の基本は、自分で情報を集めて、編集して、発信することが基本的な流れです。ここで意外と気が付かないものですが、大きく3つの問題が出てきます。

・客観性の担保
客観性の担保とは、情報を共有するためにもっとも重要な問題です。「美味しい」では、実際に何がどのように美味しいのかわかりません。素材があり、料理人の経験や考え方があり、仕入る素材の品質があり、それらが「考え方」と「数値化されたデータ」によって裏付けられてこそ、「美味しい」という言葉ではなく「共感」したり「話題として伝わる(口コミ)」として共有されます。

・媒体のデザイン
媒体に載せる情報は、視覚的にもインパクトがあるデザインが必要です。ホームページであれば画像デザインとともに、HTMLやCSSといった技術的な知識も少し必要です。
こうしたデザインや技術は、PC編集が浸透するまではプロの会社によって行われてきた作業です。しかも、プロの会社が制作することで、ある程度は客観的な視点が加わる(いわゆる編集者の仕事)ので、情報の質が担保されていました。

・MECEに基づく情報編集
MECEとは、全体の情報に「洩れがなく、ダブっていない」、つまり理路整然と情報が整っているということになります。これは客観性とも関わってきますが、本当に頭の良い人が編集する情報はとてもシンプルです。
トヨタ自動車に代表されますが、「報告書はA4×1枚で」という考え方は、整理することの難しさと、共有する情報の質を具体的に担保した取り組みということができます。

情報誌編集・報告書編集~取材執筆から要約整理文の作成とDTP・印刷製本

広報リーダー

会報や情報誌の編集、シンポジウムや講演などの講演録、さらにアンケートデータの集計や報告書編集を行います。

図解資料の作成サービス~会議資料作成や報告書作成代行サービス

プロジェクト会議リーダー

図解は「現状」「関連」「時系列」を基本に組み立てますが、さらに階層的に位置する関連項目や通常のカテゴリーに分類しにくい項目が複雑に絡み合ってきます。そうした要素をMECEの考え方に基づいて整理すれば、基本的にはA4×1枚に配置することでほぼ「問題点」や「解決法」を明らかにすることができます。
企画会議のポイントが明確にする図解資料や会議報告書の図解資料などの作成サービスを通してアイデアを引き出すことにより、潜在能力の開発につなげます。 Webメディア→図解力の鍛え方

研修会運営リーダーの組織運営計画!

研修会開催リーダー

各種団体においては大小の研修会が常に行われていますが、組織内だけでなく対外的なアピールも含めて外部講師を招いた研修会の開催も必要です。準備は組織内から選ばれた人たちによって進められますが、企画をまとめ研修会の計画を立て、さらに準備や広報、研修会の記録も重要です。会議運営方法や報告書作成などのポイントを5つに分けて紹介します。 補足解説はこちら

★創造・開発型組織を作るビジネス編集力コンサルタントオフィス

あなたの商品、そしてビジネスには必ず、底深い(潜在)価値とニーズがある。
引き出し、価値化し、見える化して、関心を持つ人たちとつなぐ、それがコンテンツマーケティングです。

販促ツール内製化の効果

販促ツール内製化は、単に自社でパソコンを使いチラシやホームページを作る作業による経費削減効果を目的としたものではありません。情報編集力を組織内の①情報共有化から②創造・開発型組織を作り③組織活性化を生み出す最初の一歩です。
新聞de元気山口編集La★boは、オリジナルの情報編集ロジックに基づいて効果的な運用モデルと人材育成につながる編集支援サービスを提供しています。 販促ツール内製化&ビジネス編集力

図解力の鍛え方メンタルブロックをはずす3つのポイント

大人の思考空間LINE@

図解力・図解思考力の鍛え方

schematic

schematic

会議運営力の鍛え方

会議運営のコツ

情報編集力とは?

情報編集力とは

情報編集力の鍛え方

情報編集力の鍛え方

インサイドセールス構築マニュアル

インサイドセールスとは

PC編集で鍛えるビジネス編集力

販促ツール内製化&ビジネス編集力

チラシ用紙&メニューブック専用耐水紙

手づくりチラシ専門コーナー
販促ツール内製化用紙


情報の定義(新聞de元気理論)

  • 各種団体活動と広報戦略
  • 議員活動と情報戦略
  • 町内会活動と趣味の活動
  • 販売促進と営業活動
  • 社内報編集と企業情報誌

関連事業リンク

ページのトップへ戻る